婚活の注意点!失敗したくなくてもこれはやっちゃダメなこと

婚活パーティーで失敗しないために

婚活とは生涯を共に過ごす伴侶探しという戦場です。

出来る限り離婚・再婚はしないために失敗したくないと思う人も少なくはないでしょう。

だから、婚活パーティーに参加すると慎重になりすぎて連絡先さえ交換しないということもあり得るでしょう。

スポンサーリンク

必死になり過ぎて気づいたら、自分は何をやりたいのか分からなくなります。

もしかしたら理想が高すぎて偉そうな顔をして、婚活パーティーで逃げられているかもしれません。

婚活では他人に厳しく自分に甘い人は嫌われます。

なんとかして結婚を決めようとして自分を盛りすぎるのはキケンです。

底の浅い人だとバレるからです。

婚活パーティーを成功させるための男女別アドバイス


女性であれば話しかけやすいようにおしゃれをしたり、ナチュラルメイクをして顔色を良くするぐらいにしておきましょう。

あんまりやり過ぎるとその状態を維持することが辛くなってしまいます。

普段の飾り過ぎている姿から気が抜けたときの素の状態とのギャップが激しいとドン引きされます。

描いていた眉が洗顔でなくなる衝撃は男性にとって酷です。

等身大の自分に少しだけ演出するぐらいにしましょう。

自分がパーフェクトではないのですから男性の欠点は大目に見てください。

スポンサーリンク

男性は自分を大きく見せようとして自慢話をしてしまう傾向があります。

身長が低いのを気にしてシークレットブーツをはくとか、肉体改造を頑張る人がいます。

靴を脱いだら本当の身長はバレてしまいますし、肉体改造は長続きするか難しいでしょう。

無理しない程度にしましょう。

イベントルールやマナーを再確認


あと、大切なのは婚活イベントのルールや性質をよく頭に入れておくことです。

婚活バスツアーや合コンなら連絡先を交換したり服装も自由です。

気軽に出会いを楽しめますし、自分で判断することが許されている状況が多いです。

ところが婚活パーティーになるとまったく違います

まず、参加者がまんべんなく自己紹介をして、軽く話すための機会をもうけるため数分話せれば良いほうです。

30人くらいならまだなんとかなりますが凄いと80人ほど一気に参加したりします。

そうなると短い時間でポジティブなイメージとインパクトを与えなくてはカップルは成立しません。

しつこく連絡先を聞いてしまうのもダメです。

名刺を渡すかLINEのIDなどをプロフィールに書いておいて相手からの連絡を待ちましょう。

まとめ

婚活パーティーによってはフリートークの時間がもうけられているときもあります。

このときは気になる人に積極的にアプローチしましょう。

相手からいろいろと情報を聞き出したいものです。

ただし、他の人がお目当ての相手と話しているなら待ってあげましょう。

話をさえぎらないようにしましょう。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中!お役にたちましたら応援クリックお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です