婚活で年収1000万以上の男性と結婚するには?


お金持ちと結婚したい人は沢山いると思います。

セレブの仲間入りして優雅な生活を送りたいと考えている人はいるでしょう。

医師の生活スタイルは専門分野により異なる


まずは年収1000万以上の男性と出会う確率について考えてみましょう。

スポンサーリンク

結婚適齢期といわれる世代で年収1000万以上の男性は果たしてどのくらいいるのでしょうか?たいていは医者・公務員・起業家・投資家・外資系というような職業についています。

医者はまず代々医者であるという家系の人がほとんどです。

開業医か大学病院に務めているのかで、かなり収入が違ってきます。

また、専門性が高いのでどんな分野を専門にしているのかによってずいぶん生活スタイルも変わっていきます。

需要が高いのは薬剤師

薬剤師でしたら女性でも男性でもかなりの需要があります。

ここ5年で大学は6年制になりほとんど研究者レベルで専門性を求められています。

女性の場合は薬局でのパートの時給も高く引く手あまたですから安定収入です。

看護師も平均的に月収25万を超えるので医療従事者同士で結婚すればかなり安定的な収入となります。

スポンサーリンク

医療事務も相当に応用が利きます。

介護や調剤薬局での仕事で重宝されるからです。

公務員は教師・役所勤務・警察官などお堅い仕事はかなり余裕があります。

子育ての上ではコネが使えそうなのは教師ですし、役所だと安定してある程度生活設計が楽にできるでしょう。

起業家・投資家も侮れない


起業家や投資家は情報戦が大事な人達ですからネットが発達した今だからできることをやります。

意外な方法で年収1000万以上になっている人がいるので侮れません。

FXであったり不動産投資であったり、広告収入などいろいろな方法で収入を得る人たちがいるのである意味たくましいのです。

ベンチャー企業として学生のうちに起業している人もいます。

外資系は英語ができるなど必ず特化したスキルがありますから上手くいけば海外での生活も夢ではありません。

海外情勢も知っていますからもしかしたら日本より良い住環境があるとか、良い海外との取引などをすることが可能といえるでしょう。

まとめ

婚活パーティーでも職業別または収入別のイベントで出会うことができます。

問題は自分の思惑がお金目的であることがばれてしまうと困るのです。

このぐらいのセレブになると家柄もありますが何よりも品格を重んじます。

自分磨き以前に相手のことをどう見ていて結婚生活をどう考えているのかが焦点となりますからただセレブになりたいといういい加減な考えを持っていると見抜かれてしまいます。

相手にどこまでも見合う自分になる努力が大切です。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中!お役にたちましたら応援クリックお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です