結婚相談所の成婚率は低いのに登録する価値はあるのか?


結婚相談所の成約率は10%と聞いて愕然としたことがあるのではないでしょうか。

10%ってずいぶんと低い数字に見えますよね。

こんなに結婚できる人が少ないのに、登録する意味ってあるのか?と不安に思ってしまいますよね。

この記事では結婚相談所の成婚率と利用の実態についてお伝えします。

スポンサーリンク

結婚相談所の成婚率が低い理由

10%と言う数字はびっくりするほど低いですが、数字通りに10%と考えるのは気が早そうです。

すべての会員の平均値なので、20代だけを見ると50%の成婚率という会社もあるようです。

年代が上がれば上がるほど成婚率は落ちていきますので、全体の平均をとるどうしても低くなってしますのですね。

結婚相談所で起きているミスマッチ

結婚したい男女が集っているはずなのになぜカップリングしないのか?

それは男女で相手に求める年齢がすれ違っているからです。

たとえば30代の女性は5歳年上くらいまでの男性を希望していますが、30代の男性は25歳くらいの女性を希望する人が多いのです。

お互いの条件が合っていないために、結婚に至らないと言うわけです。

スポンサーリンク

行動するなら早いほうがいい

以上の事からわかるのは、年齢が若ければ若いほど有利だということです。

20代の女性なら年上の男性とのマッチングの可能性がありますが、30代になると同年代の男性からも条件からはずされてしまいます。

30代の男性とマッチングするのは50代近い男性になります。

20代のうちに行動を起こしたほうが圧倒的に有利なのです。

結婚相談所の成婚率が低いと言っても10%の可能性があります。

何も行動を起こさなければ0%です。

結婚相談所に登録しても結婚できない人は?

大金を出すからには絶対に結婚して退会をしたいですよね。

では成婚に至るにはどうしたらいいのか、結婚できない人の特徴からあぶりだしてみましょう。

・努力をしない
異性に良い印象を与えることはとても大事です。
服装やメイク、言動やしぐさなど、今のままの自分で好きになってくれる人を探すというのはナンセンスです。
少しでもよい印象を持ってもらえるように努力することが大事です。

・高望みし過ぎる
結婚相手の条件は上を見ればきりがありません。
身の丈に合った妥協が必要です。
その妥協のしどころは結婚相談所のアドバイザーに教えてもらいましょう。

結婚相談所のアドバイザーのアドバイスを素直に聞き、受け入れて行動に移せるかどうかも大事なポイントになります。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中!お役にたちましたら応援クリックお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です