婚活30代女性が気付かないと失敗してしまうあることとは?


女性が婚活する上で必ず立ちはだかる壁として年齢があります。

これは妊娠出産を健康的にかつ安全に出来て、家事・子育てが両立する体力を持っているかの限界のラインを示します。

30代婚活を成功させる「あること」とは?

男性はどんなに歳をとっても20代の女性をターゲットに婚活します。

スポンサーリンク

そのため、30代女性はどうしても不利になってきます。

でも、あることに気づくと30代女性でも結婚できる希望は残っています。

問題はそのあることに気づかないままだと売れ残ってしまう確率が上がるのです。

少し辛口になりますが、アラサーの婚活を成功させるためには必ず知っておいてほしい、あることについてお伝えしようと思います。

高望みな要求は婚活タブー


そのあることとは高望みをしてしまうことです。

20代の女性は素直で取っつきやすいです。

まだまだお年頃ですからひねていません。

でも、30代の女性はやたらと要求が多くて現代に合わない物言いをします。

希望の男性像として、

  • 年齢が20代
  • 年収は500万以上
  • 次男で一般家庭出身で家業をつがない
  • 専業主婦でいてもOK
というようなバブルの頃を引きずったような要求です。

まず、経済的なジェネレーションギャップがあることを自覚しましょう。

スポンサーリンク

結婚さえ贅沢と言われる時代に偉そうなことを言ってはいけません。

20代男性の現実とは


就職氷河期以降の世代はゆとりをぶっ飛ばしてさとり世代といわれています。

不景気をずっと経験していて、好景気を味わったことがありません。

浪費をしないために男性でさえも自分でお弁当を作って会社に持ってきます。

くだらない飲み会や社員旅行を断り、アフターファイブは自宅に真っ直ぐ帰ります。

付き合いが合っても同性の友達と遊びに行くことがメインで恋愛を面倒くさがります。

結婚はコストパフォーマンスが悪いといって恋愛さえしないのです。

このような無駄なことは一切しないのが20代の男性の基本です。

自分の食いぶちを稼ぐだけで精一杯なのです。

あまりにも細かく厳しい条件で結婚相手を絞ってしまうと30代の女性はどんどんあぶれていきます。

男性にばかり要求するのではなくまずは自分の価値がどの程度のものか客観的に把握しなくては上手くいかないでしょう。

たとえどんなに家庭的で美味しい料理が作れて家事が出来たとしても、バブル時代の要求を前面に押し出してしまったらすべてがおじゃんになってしまいます。

年齢が上になればなるほど大人としての落ち着きや年齢相応の態度を求められます。

20代の頃のような夢は描けません。

謙虚になることともっと建設的な考えを持ちましょう。

まとめ

ほとんどの男性は経済的なことを考えて共働きを望みます。

また、男性によっては主夫を望む人もいます。

もしあなたに安定収入があって結婚後も仕事を続ける意欲をもっているなら、家事全般をお任せできる主夫希望の男性を探すのも一つの手です。

世の中のライフスタイルが多様になってきたのですから柔軟に考えましょう。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中!お役にたちましたら応援クリックお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です