婚活40代女性が苦労する本当の理由がヤバすぎる



婚活でかなりの苦労をしているのが40代の女性です。

何故、40代の女性の婚活が上手くいかないのかというと、むちゃくちゃな人が多いという事実があります。

辛口になりますがハッキリと言いますので、40代女性は心して読んでください。

スポンサーリンク

40代の婚活は甘えを捨てることが第一


妄想ばかり膨らんで非現実的なことを望んでいたりします。

未だに白馬の王子様を待っている女性も意外といます。

このまま独身で終わってしまうのは嫌だという焦りがモロバレな言動をしてしまう女性をよく見かけます。

自虐的になったり、コンプレックスの塊で自信がない女性は悪いほうにこじれていきます。

婚活市場における自分の価値がわかっていない勘違いが甚だしい女性もいます。

「勝ち組・負け組」という概念を捨て去る

この世代の問題点は適齢期である20代に結婚しなかったことにあります。

40代女性が20代の頃といえばバブル景気で世の中が浮かれていた時期です。

この頃に結婚した世代が今では子どもが数人いて、中学生から大学生くらいになっています。

この時期を逃してしまったために後悔しているのです。

キャリアを積みたいとか、何かしらの大志を抱いていない限りはかなりこじれてしまっているのです。

派手に遊んでしまったという人も結構いますから、余計に悩んでいます。

結婚して家庭を築いている人に対する嫉妬や羨望を分かりやすく顔に出してしまっているため、周りから嫌がられる人たちです。

このようにして40代の女性は自分たちの世代を勝ち組と負け組に分けてしまっています。

男性との出会いがあれば現実的にやっていけそうなずっとそばにいて相性が良さそうな人がいても、若さ・ルックス・高年収を求める女性がいますが、勝ち組・負け組という言葉に踊らされているだけに過ぎません。

自分の理想の男性は探せばもっといるはずだと思って、目の前のチャンスを潰していることがよくあります。

スポンサーリンク

エゴを押し付けている場合ではない


他にも問題点があります。

妥協をしないままエゴを剥き出しにしているところです。

自分はかなり魅力的なはず、若い女性に負けないと思って、若い男性にがっつくことです。

若い男性は基本的に自分と同年代を選びます。

もしも、40代の女性に近づくとしたら動機が二極化します。

年増女を騙してヒモになって自分は別に若い本命の女性と付き合い遊びたいか、本当に年上の女性が好みかのどちらかです。

ほとんどのパターンは前者になってしまいます。

まとめ

40代の女性は子どもが産める可能性が低い上に高齢出産のリスクが高いですから、若い男性はまず若い女性を選びます。

40代の女性は同い年かそれよりは10くらい上の男性を選んだほうが結婚は早いです。

あなたが結婚できない要因は周りにあるのではなく、自分が作っていることに気づいてください。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中!お役にたちましたら応援クリックお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です