婚活でイケメンや高収入の男性と結ばれることはできるのか?

高収入男性の実態って?

婚活をしていると、男性は収入で、女性は年齢で最初の線引きがされるようです。

男性のプロフィールを拝見したときに、高収入といいますと800万円~くらいだと思いますが、人によっては数千万円の年収の方がいらっしゃいます。

そういった方のほとんどは自営業の方です。

スポンサーリンク

やはり高額所得者は魅力的ですので、交際を申し込んだ例もありました。

実際には交際に繋がりませんでしたが、年収数千万円の方々に共通することがいくつかありました。

  • まず、ご自身で事業をしていらっしゃる、あるいは、要職に就かれているので大変お忙しいということです。
  • プライベートと仕事との時間の区切りがない場合も多いようでした。

高収入男性が女性に求めるものとは


  • また、結婚相手にはいわゆる専業主婦のように家事一切を任せたいということが多いようです。
つまり、その方が仕事に専念できるようにサポートしてくれるような女性を望まれるようです。

女性がフルタイムで仕事を持つことは想定していない方が多かったです。

その一方で、女性には一定の教養は求めるようでした。

大学院を卒業しているような女性も結婚相手として想定しているようです。

スポンサーリンク

大学院卒に教養があるというと別だと思いますが、最低限の勉強をしたという経験は有利なようです。

さらに、こういった高収入の男性は女性から引く手あまたですので、若い女性からもお付き合いの申し込みがあるため、50歳くらいの男性も30代前半くらいまでの女性とカップルになる場合があるようです。

イケメンに足りない「優しさ」


イケメンの男性も婚活に来ているときがありますが、最低限の収入額があればモテるようです。

そういった男性は、自分から動かなくても女性からたくさん寄ってくることを知っているので、女性の扱いはあまり優しくないように感じることもありました。

結婚相談所、ネット婚活、婚活パーティーなどをいろいろと利用しましたが、見た目がすてきな男性は本当に少ないです。

イケメンの方はそういったサービスを利用しなくても相手に困らないのかもしれません。

私が婚活で出会ったイケメンかつ高収入(この方はサラリーマンで1000万円程度の年収のようでした)の方がいました。

その方とは、食事に行きましたが、1円単位までの割り勘、交通費は私が多く負担するといった事例がありました。

(ちなみに、私は年収500万円程度)。

本人はイケメンだと自覚しているらしく、「よくイケメンだといわれる」と自分でおっしゃっていました。

また、「他の男性から嫉妬される」とも。

まとめ

見た目がよく、収入もよいのでおそらく女性からは(最初は)よいように思われるのだろうと思いますが、その反面、他人への配慮がかける部分がありました。

人と人とのつながりですので、最後は思いやりがないとよいご縁には恵まれないだろうなと感じた経験でした。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中!お役にたちましたら応援クリックお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です