婚活のコツ!屁理屈なし、結婚したい女性のためのアドバイス


婚活で成功した人はどんなことをしたから結婚できたのでしょうか?

誰にでも言えることですがどんなときでも出会いを意識することが大事です。

多くの出会いを求めて一人にターゲットを絞らずに誰にでも振り返ってもらえるように自分磨きはするべきです。

スポンサーリンク

ここまでは誰もが考えつくのでいうまでもないでしょう。

ところが婚活のコツはこれだけではないのです。

人生に明確なビジョンを持つことが婚活のコツ

婚活を成功させた人たちがやってきた婚活のコツを紹介しましょう。

結婚ができた人の特徴は結婚をゴールとして考えずスタートラインとして考えて人生設計をしているところにあります。

子どもは何人ほしいのか、主婦でいたいのか、キャリアを積みたいのか…様々な願望を整理してまとめることです。

そうすると自然と理想の結婚生活がイメージ出来るようになるでしょう。

しかし、こだわり過ぎると返って婚活が大変になってしまいます。

ある程度は妥協をすることです。

「高収入貧乏」になってしまう理由とは?


女性が特にこだわってしまうのが収入です。

なぜだか年収が500万円台じゃないとイヤだとか、1000万円台が理想という女性がいます。

ぶっちゃけそれはあり得ません。

これは現代では200~300万円台が平均的です。

そうそうは高収入の男性に会えません。

スポンサーリンク

もし、1000万円台の年収だと違った苦労が出てきます。

理由は税金がからんでくるからです。

子どもを3人くらい持ってしまうと、逆に高収入貧乏という辛い未来が待っている可能性があります。

それに年収1000万円台の男性は将来のビジョンが明確です。

ある意味ビジネス並にシビアな考えを持っているため、結婚をある種の契約と思っているドライなところもあります。

婚活パーティーや結婚相談所では職業と年収を限定していることが多いです。

そこで弁護士・公務員・実業家・医者などのエリートに出会えば自分のお里が知れてしまって、絶対にボロが出ます。

もし、お付き合いが始まったとしてもかなり感覚にズレがあるので細心の注意を払わねばなりません。

ヤバいと昼ドラのドロドロです。

男性はどんな女性を求めているのか


そして、男性が求める理想の女性像を知っておきましょう。

男性はずっと話しても飽きない女性が好きです。

そして、家庭を預けるにふさわしい金銭感覚や安定感を求めます。

でも、合コンによくいるような積極的に世話を焼く女はキライです。

理由は世話好きは裏を返せば自分のペースで男性を支配する独占欲の強い女性か、良い子を演じて男性の役に立つことで自分の存在価値を見いだそうとしている病んだ女性である可能性があります。

まとめ

可愛いげがないと思われますから媚びを売るのはやめましょう。

必要以上はやらないほうが男性としては守り甲斐があります。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中!お役にたちましたら応援クリックお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です